タッチタイピングしていますか?楽譜見ながら弾けますか?

08/11
PCの入力キーボード、ホームポジションに人差し指をおいて、
そこから主要なキーは見ないで押せますか?

3列のアルファベットは、ホームポジションから上下に動くだけで操作できるようになっています。
ホームとは、FとJで、そこに人差し指を置きます。さすがにこれはご存知ですよね?

その上の段の=とか-、端の@などは間違えやすいですが、
よく使う文字キーを見ないで打てれば楽ですよね。

タッチタイピングです。昔はブラインドタッチと言いました。

画面を見ながら打てるので、間違いにも気づきやすいです。

キーボードに首っ引きですと、パッと画面をみて、
ずいぶん前に変換がずれて文章がおかしなことに。。。

ということになりかねません。

いったん正しい入力をゆっくりと身に着けることで、
結果的に早く正確な文章を打つことができます。

適当にやっていると、戻って直して戻って直して、
と余計に作業が遅くなるのです。

文書作成が苦手、という方のほとんどがこれではないでしょうか?

ですから、いったん、タイピングソフトなどで基本ポジションからの入力を練習するといいです。
急がば周れ、です。

学生時代、英字でタッチタイピングの特訓ソフトを結構やりました。
それ以来英字、ローマ字入力ともに、タイプに苦労することはありません。

最初に覚えてしまったのがよかったです。


ピアノもそうですね。

手元を見ないで弾けること
楽譜を見ながら弾けること
これを同時にやる必要があります。

出た音は聞いてわかります。

鍵盤を見て、なんだっけ、どこだっけ?
と楽譜のなかをまた探すのはロスです。

跳躍などない限り、
極力楽譜を追い続けて弾けるようになる必要があります。

初級者の方は、左手が大きく飛ばない、
ホームでの動きが中心の曲がいいのです。
その点ソナチネ、ある種のチェルニーなど、教本の曲は優れています。

楽譜と指の動き(音型のセット)の連動をじっくりと身に着ける必要があります。
どの指をどう開いたら隣の音になるか、という体感を身に着けます。

この指の感覚は会得必須です。つまりタイピングと一緒。

そうして楽譜を見ながら弾いていれば、また楽譜を見ればまた弾けるでしょう。
思い出さなくても、読譜して弾けばいいのです。

実は、映画音楽などのアレンジは、
左手のバスがオクターブ下とか、手元を見ないと弾けないので、
連続した読譜訓練の妨げになり、実は初級者の方の効率を下げます。

右手を見ないで弾けるレベルの人、ノクターンが弾けるくらいの人なら、
両立できるという動きです。

また、覚えないと弾けない、という場合、
読譜力が不足していて、かつ指の感覚に頼りすぎなので、
しばらくその曲から離れて忘れてしまったら、
どうだったっけ?と、
本当に弾けなくなってしまいます。

つまり、弾いた曲を、指の感覚ですべて覚えていないことになります。
実際無理なので、せいぜい今弾いている曲1.2曲しか覚えてない、弾けない、という事態になりかねません。

タッチタイピング、指の間隔の体感→視奏。

音や指はもちろんですが、視覚も有効です。
譜面を画像としてみて覚えるのも助けになります。

楽譜があればまた弾ける、
そういうピアノを弾きたいですね。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム