コンサート前日 いよいよ明日です。

09/12
一人で弾くピアノコンサートの前、
どんなことをやっているか、ちょこっとお話しています。

本番となると意外に重要なのが、お洋服と靴。

昨日は、ドレスリハーサルともいうべき
実際に衣装を着て演奏する練習
そしてトークの練習をしました。

ドレスだけでなく、靴も本番用のもので。
これはとても大事なのです。

いつも練習している場所とは違うところで、

皆さんの前で
普段着ない服を着て
はかない靴(非実用的(^_^;))を履いて
ピアノを演奏する。

パラメーターが普段とすべて異なります。
天気が当日に近い、直前でいいので
一度はやります。

スカート部分のすべり具合、広がり具合
裾の長さ
ペダルのふみ心地
胴回りのきつさ?!
腕の動きやすさ

ストレッチのきいたドレスはいいのですが、
ぴったりしたものですと、ファスナーをしめるのに
気を使います。

コンシールファスナーといって、
外見重視の、外から見えないタイプです。
フリースジャケットのファスナーのような、
扱いやすさはありません。

一歩間違えれば、周りの布をかんでしまうか、
破いてしまうか、肉をはさんでしまう
というもろ刃の剣。

初めて着るドレスだったので、
リハーサルして正解でした。

ドキドキしました!!!
今のうち経験してよかった。

あとは、
当日の天気、会場を考慮して、
その中に着るものも考えておきます。

今はドレスでも寒いという季節ではないので
冷えすぎないようにだけ注意します。

記憶力などにも、胴体の温度を保つことはいいそうです。
(こういうネタは大好きなのです)

立派なドレスでホールで
オケとコンチェルトを弾いたピアニストさんが、
意外に寒くてジーンズを中に履いた、
という話を聞いたことがあります。
(夢を壊してごめんなさい、と言っていました)

寒さは血行を低下させる大敵ですからね。
スパッツなどあるといいですね。

今日はもう少し弾きたい曲を中心に、
適度にリハーサルする予定です。

明日お越しになる方は、
大江戸線本郷3丁目・5番出口をお使い下さい。
レンタカー側に出ます。
丸ノ内線の方も、2番を出たら
ソフトバンク側へ渡ってください。

右へしばらく進むと、ライブの看板が出ています。
教会のななめ向かいあたりです。

お待ちしております!
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム