ホロヴィッツのモーツァルト


巨匠ホロヴィッツが協奏曲を録音している模様です。23番イ長調。これは2楽章です。とても美しく、哀しみを湛えた2楽章。ホロヴィッツは淡々と美しく弾いて、曲の良さがじわじわきます。決してやりすぎず、また病的ではない音楽です。極小のピアニシモに、あれ聞こえない?いや聞こえる!と驚かされます。

大きな鼻をしごいたり、指揮のように手を振ったり、オケの後ソロだ、というときの切り替えの瞬間。録音がうまくいった時の表情。3楽章はもっとお茶目でした。Very good.と再生を聞いて満足げな様子。おしゃれなネクタイ。どれをとっても彼自身が正にエピック。至近距離からキーをタッチする独特の演奏スタイル。使わない小指は折り曲げられ、ベストを着た上体は一切無駄に動いていないように見えます。



YOUTUBEに感謝したいのは、今やテレビで見ることができない名人の演奏の様子をつぶさに見られることです。これ見て彼を愛さずにいられる人はいるでしょうか?

26番戴冠式ならグルダの弾きふりが面白いです。これまた狙わずにお茶目なのです。また後日書きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る