スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいバッハの可能性

今回のコンサートでは、初めてフランス組曲2番を演奏しました。

仕上がってくるに連れ、こういうバッハのアルマンド、私に合っている?!という気が強まっていました。

5番の明るさが気に入っていましたが、マイナーもイイかも!と思ったのです。

それと、アレクサンダーテクニークの学びが深まるに連れ、5番を弾いた頃より繊細な表現力が高まったこともあります。

今日は未来に向けてフレッシュな気持ちでCDを聴きました。

フランス組曲、パルティータ、トッカータ。

今まで弾いた曲をやりつつ、新しいバッハも少しづつ始めたいので、選曲です。

ある程度絞り込んで、2回目はピアノの前で楽譜を見ながら。

2つくらい新曲を選びました。前に弾いたものも、新たにいつかひけるようにしたいですね。

こうしたことを軸に、他のプログラム案や時期を考えていきます。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。