グルダの戴冠式

11/15


続いて、Fグルダの26番戴冠式の弾きふりです。

まずは1分38秒位をご覧ください。もう指揮を超えて、ティンパニたたいています!!お茶目すぎる、このおじさん!!

洋服も全くの自然体で、体全体で音楽を構築すべくすべて動いています。弾き振りはむずかしいでしょうが、やることを見据えてひたすらオケ演奏するから、音楽に入り込めていい点もあると思います。ピアニストは一人上手く弾こうとしがちですが、目的に向かって動いていくつもりのほうが、うまく身体のコーディネーションができるようです。

グルダの弾く23,26のCDを持っていました。アーノンクール指揮でした。きれいに演奏しています。この弾き振りのほうが、勢いがあるかな??ていうか勢いだらけですよね。

バーンスタインもモーツァルトの弾き振りしています。ピアノもうまいですよ!そのお姿はとても素敵です。CDだけでは味わえないピアニストの魅力ですね。それもまた後日。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム