古いやり方を脱ぎ捨てるとき

私はピアノを長くやっています。

その間に、弾き方を変えよう、
と気づいて変えたことは数知れず。

椅子の高さを変えたり、
指の使い方を変えたり。
新しい先生に習ったり。

結局息子が低学年の時に、
よっしゃーこれから、
とひそかに思いながら、
痛恨のひどいぎっくり腰に。。。。

まわりまわって、
彼が4年生になった年、
アレクサンダーテクニークを学び始めました。

今までのやり方、考え方をやめて
かわりに新しいやり方を実践する

それの連続です。

今までのやり方で弾いていた曲も、
ある意味学びなおすことになります。
新しい響きに出会います。

新しいほうで弾きたいので、
そこは地道にアップデートしていきます。

弾き方にとどまらず、
ピアノとの関係性、
考え方、
体の使い方。

すべてを変えていくのですから、
勇気がいります。

大きな変化を怖い、と思う人もいるでしょう。

古いやり方をしながら、新しいやり方をする、
というのは難しいのです。

着替えるのに、半分だけ脱いで、
半分だけ着ることはできません。
いったん脱ぎ捨てなければ。

ですから、新しいやり方が自分のものになるまで、
自分を信じて、
辛抱強く
学び続ける。

そして新しい世界が開けていきます。

はっきりいうと、

”ちょっとコツを習って、
ちょっとうまく聞こえるように弾こう”

アレクサンダーテクニークがもらたすものは、
そういうたぐいのものではありません

これから毎回ピアノに向かうたびに、
新しい思考、体の使い方を実践していく必要があります

不慣れの連続です。

でも、続ければ
いい方向に変わり続けることができます。

やらなければ、よくて変わらず、
たいてい悪くなっていく一方です。

なにかつまづいている、
行き詰まっている
と感じられている方に
私の学んだことを
シェアしたいと思います。
体の使い方スクール

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る