2次元?3次元?男女のものの見方の違い

10/03
たいてい、小さい男の子は
教わりもしないのに恐竜やパトカーが大好きです。

女の子はお姫様の絵やお花の絵を描くのが大好きです。

幼稚園児に積み木やブロックをさせると、
女の子組はひたすらお庭を広く、おうちを広げていきますが、
男の子のグループは、より高く、でっかく、強く、
ブロックを組み立てていきます。

できあがったものは歴然と違います。

どうやら男の子には物体がかなり3Dに見えるようなのです。

女性も3Dに見えますが、男性ほどではないのです。
カブトムシが男性ほど面白いものには、迫力をもっては見えないのです。

お肌のすべすべ感、
メイクの細かい色使い。
服や小物のディテール、
ヘアカット。

そうしたものに目がすぐ行くのが女性。

男性はそれに気づきません。

もっとボリュームのあるもの、
奥行きのあるもので、
ものが見えています。

語弊をおそれずにいうと、
2,3キロの増減やメイクのノリより、
ある体積にボディが収まっているかどうかで
美しいと感じるようです。

正にストライクゾーン。3Dですよね。

ある部分が極端にバランスを失って
はみ出ていると?!気づくようです。

たとえば、細い道を並んで歩くことを
男性は嫌がります。
縦一列になれ、と言います(^_^;)
広がって歩くのは、立体的に美しくないのです。

女性は並んで見渡せるほうが
お互いがお話している感じがするので、
自分の占めている空間の
美しさ(迷惑加減)には興味がありません(^_^;)

まあ、それがオバタリアンになっていくわけですが、、、。

体形だけでなく、
移動時の隊形も
男女では見方が違うようですね。

だから、美容院にいって気づいてくれない、
ということが起きますw

それより、冷蔵庫の奥にある(賞味期限ぎれの)ものが
なぜかよく見えるのが男性(^_^;)
目の前にあるドレッシングや歯磨きの替えは見えないのです。

平面の中でものを探すのは女性が得意です。
かわりに難しいバック駐車が苦手だったりします。(上手な人もいますよ)

子育て、果実ひろいをしてきた女性と
狩りや建築をしてきた男性。

脳の進化が違うのでしょうね。
それがわかれば、すれ違いももう少しましになるのでは?
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム