腹六分のつきあい 美輪さんの言葉

本でもテレビでも
美輪明宏さんが言っていた言葉があります。

対人関係の付き合いは
腹6分で付き合うことが鉄則です。
しかし、友人関係、ご近所関係、
仕事関係などで親しくなると
ベタベタと「水くさいよ、何でも言ってよ!」
と暑苦しく慣れ合いが生じて
程良い距離を保つのも厳しくなってきます。

私なりに生きていて、
この言葉を思い出します。

こっちがやったことに、
思ったほど、あるいは、まったく(w)
感謝してくれなかった!

親切にすれば損じゃない!?

そう思いたくなる時。

そう、人に期待するから、
裏切られた気持ちになる。

腹六分でつきあいなさい。

この言葉を思い出します。

自分も人に迷惑をかけて生きているでしょう。
そして期待ほど相手にこたえていないでしょう。

だから、自分がそういう目に遭ったとしても、
まだまだ修行なんだなあ、
と思うことにします。
聖人じゃないので、ハードですが、心がけます^^;

人間関係は基本片思い。

もし、もしもですよ、
もし両想いだったら、
それは得難い、
すんばらしいことなんだ。
有難いのだ。

出会いには、
なにかを自分に教えてくれる、
意味があるのでしょう。

普段書かないのですが///

あまたのブログがある中、
このブログを読んでくださって
ありがとうございます。

拍手を押してくださる方、
コメントを下さる方、
ツイッターでお気に入りや
リツイートをしてくださる方、
ありがとうございます。

受付中です。
体の使い方スクール

0 Comments

Add your comment