完全な空き時間が1時間ないとできない?それは嘘です!

書くことでも彫刻でも、演奏の練習でも、
まとまった時間がとれないからできない、
というのは言い訳です。

細切れ時間を使いましょう。
できることは必ずあります。

やろう!と思った瞬間、すぐ手を付けましょう。

息子がゼロ歳だったころ、
完全に離れられるのは、
パパが会社に行く前に
お風呂に入れてくれている
15分間だけでした。

子を彼に渡したら、即モーツァルトを練習。

1楽章だけを丁寧に練習するか、
全楽章を通して弾いてみるか。
15分あればどちらかができます。

その年は幻想曲、ソナタとやりました。

練習が終わると即戻り、子をタオルで受け取ります。

それで練習を積み、月2回、レッスンを受けていました。

その年にレッスンした曲で、
パウゼでのジョイントコンサート、
ティアラ小ホールでのサークルコンサート、
ディスカバークラシック2002でのソロ出演
を果たしました。

平日の朝15分と、
夫が子をみてくれる土曜日のレッスンで
達成したことです。

ですからすきま時間は侮れません。

まっさらな1時間、2時間でないなら
やらない、なんてぜいたくです。

20分でもゼロよりましなのです。

0 Comments

Add your comment