愛はなぜ終わるのか ヘレン・フィッシャー

10/14
もう前に取り上げたか記憶がないので、かぶっているかもしれません。

この本面白いんです。

どうして人間にはほかの動物のように
求愛シーズンがないのか。

馬や牛は生まれてすぐ立てるのに、
人間の新生児は歩けないのか。

そうしたことにすべて理由があることがわかります。

また、4年以上結婚していたカップルは
それ未満で離婚したカップルより、
離婚の痛手を強く受けます。

その4年にも意味があるのです。

人間が直立歩行により両手が使えるようになったこと。
言語を操り道具をあやつり、脳が大きくなったこと。

それで未熟なままでないと
まず生まれることができないわけです。

赤ちゃんが歩けるまでお腹にいたら、出られませんからね。

その赤ちゃんが歩けるようになるまでは
子育てを夫婦ですることがサバイバル上望ましかった。

だからすぐ歩いて群れについていける動物と違い、
人間の女性の出産可能サイクルは謎になっています。

いつ求愛すればいいかがわからず、
まあ、いつも結婚していることになりますw

そして4年もたてば赤ちゃんもかなり歩けるようになっているし、
別れがたい絆も生まれているというわけ。

愛と呼んでいるものも、
元をたどれば必要に迫られて
進化してきたから生まれたのでしょうかね。

年賀状によくつかわれるタンチョウ鶴は
一生添い遂げるといいますが、
オシドリは毎年別の鳥と結婚します。

なので、おしどり夫婦は間違い!

なんかロマンチックじゃなくなってしまいました^^;

情熱を永遠の愛情と間違えないようにしないといけませんね。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム