タイトル画像

ソーシャルメディアと創造エネルギー ジュリア・キャメロンのブログ 2015.10.14.

2015.10.19(06:30) 685

ソーシャルメディアと創造エネルギー 2015.10.14.

多くのアーティストにとって、ソーシャルメディアはもろ刃の剣です。簡単に中毒になるかわりに強いつながりをもたらすので、私たちのアートの代用品というよりアートへの付加物として作用します。ソーシャルメディアの危険性は、つながりに飢えているあまり、キャンバスや原稿、ピアノや舞台に向けるべき創造エネルギーを、たくさんのEメール、フェイスブック投稿、ツイートにそそいでしまうことです。ソーシャルメディアの利点は総じて、強烈な孤独感を切り裂いて、はるか遠くにいる似たような考え方の人たちとつながれることです。欠点は、他人の生活やレスポンスにすっかり疲れ切ってしまい、自分でなく外を見て、自分の創造的成長と幸せを危うくする可能性があることです。

間違わないでください。アートそのものが、私たちを遠くの場所、心の奥底に埋もれている洞窟、はるか遠くの広大な平原に連れて行ってくれるのです。アートとはパワフルです。アートには慎重に築いた足場が必要です。バランスの問題です。創造性を乱用するのではなく、生活の流れの中に慎重に埋め込んでいくのです。ソーシャルメディアを乱用するのではなく、他者とのつながりを生活の流れの中に慎重に埋め込んでいくのです。

アーティストは、生活に沈まずにひたる必要があります。アーティストは十分な一人の時間と十分なつながりを必要とします。それには練習と、日々の儀式を意識的に確立することが必要です。ですが、きっと、おそらくは、私たちが花開くのに必要な流入と流出の正確なバランスをとることは可能なのです。

Social Media and Creative Energy

For many artists, social media is a mixed blessing. Easily addictive yet highly connective, it works best for us as an addition to our art rather than as a substitute for it. The danger of social media is that in our hunger for connection, we pour out our creative energies into a barrage of emails, Facebook posts and tweets, instead of onto the easel or page or piano or stage. The advantage of social media as a whole is that it cuts through feelings of intense isolation, connecting us to like-minded souls even when we are geographically far-flung. The disadvantage is that it is possible to become too consumed by the lives and responses of others, looking outside instead of in, and compromising our own creative growth and well-being.

Make no mistake: Art itself can take us to distant places, to caves buried deep within the psyche, or to the wide expanses of distant space. Art is powerful, and artists require careful grounding. It is a matter of balance. It is best to not binge on creativity, but to keep it carefully embedded in the flow of life. It is best to not binge on social media, but keep connection to others also carefully embedded in the flow of life.

An artist must be immersed in life without being submerged in it. An artist must have enough solitude and enough connection. It takes practice, and the conscious building of daily ritual, but it is possible– quite possible– to find the precise balance of “inflow” and “outflow” we require to thrive.

ピアニスティックノート


<<腹六分のつきあい 美輪さんの言葉 | ホームへ | お料理について>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/685-bc86c6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)