本番当日!逆算してやることをクリアーにしてみる

本番が近付くにつれ、
練習を重ねて仕上がってくるにつれ、
演奏のこと、心配になります。 

私も、昔ほどではありませんが、
なんとなーく不安になってしまう。それが人のサガです。 

では、本番の日、 私の場合9/13のリサイタルの日、
何をすればよかったのか、
ということを考えてみたいと思います。 

 なんて前置きしましたが、

もうね、

楽譜やドレスなど、持つものもって、電車のって、会場について、着替えたら、
舞台に出て、礼して、みなさんこんにちは 
まで言えばいいんですよ。

 9/13、本当にそう考えました。
正確には9/12に考えたことです。
 

本番当日のことが不安になったら、

朝起きてからピアノを弾く直前までになにをすればいいか、

これを具体的に考えてみてください。 

 起床
 朝ご飯
 コーヒー(飲むなら本番前でなく朝のうちに1杯)
 シャンプー、ブロー 
(指ならし、家での練習、音出しなど必要に応じて) 
メイク 
携帯や財布を荷物に入れる 
駅に行く 
電車乗る 
ごはん 
会場つく 
ドレス着る 
リハ 
開場 
お出迎え(これはコンサートのスタイルによりますね) 
開演
登場 
礼 
トーク 
着席 
でピアノがあるから弾く。

これだけやれば演奏が始まります。 
楽勝でしょ? 

トークがない場合もありますね。
じゃあ、

登場、礼、 着席の3点セット。
 

あとは演奏にコミットするプランを持つこと。
つまり腹を決めてやる。 

ここちょっと不安だからこの楽章カット。
組曲ならこのクーラント、カット。 
そんなこと言っていたらね、
その曲自体カットしたくなっちゃう。

でもって、コンサート自体カットしたい、 となりまねません💦  

それを言い出したらリサイタルなんてできない♪  

それから、チラシをみて、
この曲好き! その1曲が生で聞きたい!それで来てくれる人もいるということ。 
だから弾きましょうよ。 

今日のポイント:当日、朝から着席までにやればいいことを明確に書き出してみる。 


美しい音を探求するピアノボディスクール 体験セミナー 2/25

0 Comments

Add your comment