タイトル画像

あらゆるものの中に、細部に。美を見出す アーティストとは?

2015.11.02(06:30) 696

ご存知のように私はツイッターをやっているのですが、@kaorilavender
フォローしていると、素敵な写真をさりげなくアップする方がいらっしゃいます。

リア充アピール?のために
パーティーやお料理の写真をアップするのではなくw、

そういう方は、
ふと美しいと感じたものを
ファインダーに収めるのです。(譬えが古いか)

ですから、

いかにもアートでっせ!
凄いぜ!
芸術だぜ!

というものではないことが多いのです。

庭のお花のつぼみが朝露に濡れている

子どもが無心に創った工作

道端で見つけた草花や昆虫

夕焼け

青空



どこにでもある、どこでも見られるものです。

その美に気づくところが
その人の感性。
美意識。

一枚写真をとって
一言添えれば、
それで一つの作品、アートです。

全てのものに美を見出す。

細部に宿る美に注意を払う。

これがアーティストというものではないでしょうか。

審査の加点減点を熟知し、
得点をとる。

わたしはこれはコンペ必勝法であり、
アートとはまた別のものだと思うのです。

本当に音楽の美しさに愛を感じるなら
その愛を見せる。

それが演奏というものではないでしょうか。


あなたにしか出せない音、見つけてみませんか?
11/29 日曜日 1日コースもあります。 11/12.19AMコースもあります。
体の使い方スクール

ピアニスティックノート


<<ブックレビュー ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム 古屋晋一著 | ホームへ | しみついたテンポ感 どうして速くなってしまうの?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/696-5133bee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)