上腕二頭筋で構える 肘は手首より上?下?

椅子の高さについて何度か考察してきました。

私は紆余曲折をへて、高め、になりました。

ピアノを弾くためには
肘をまげて指先を鍵盤へ持っていきます。

その時、上腕二頭筋が作動します。
biceps

いわゆる力こぶになる筋肉です。

力こぶというと、
手のひらを上に向けて、
筋肉をムキっとさせるイメージがありますが、

ピアノの時は、手の甲を上に向けて、二頭筋で腕を曲げるわけです。

椅子が低いと手首を肘より高く持ってくる必要があり、
肘を多く曲げなければなりません。

椅子が高いと、肘よりも鍵盤が低いため、
肘を曲げる角度は少なくて済みます。

つまり椅子が高く肘が鍵盤より高いほうが、
弾く前の構える時点で既に
二頭筋の働きが少なくて済むのです。

あなたはどちらを選びますか?

もっと体のことを知りたいというかたにWSを開きます。
グランドピアノと骨格標本を使う実践的な講座です。
11/12.19AMまたは11/29終日
体の使い方スクール

0 Comments

Add your comment