アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

椅子の高さについて何度か考察してきました。

私は紆余曲折をへて、高め、になりました。

ピアノを弾くためには
肘をまげて指先を鍵盤へ持っていきます。

その時、上腕二頭筋が作動します。
biceps

いわゆる力こぶになる筋肉です。

力こぶというと、
手のひらを上に向けて、
筋肉をムキっとさせるイメージがありますが、

ピアノの時は、手の甲を上に向けて、二頭筋で腕を曲げるわけです。

椅子が低いと手首を肘より高く持ってくる必要があり、
肘を多く曲げなければなりません。

椅子が高いと、肘よりも鍵盤が低いため、
肘を曲げる角度は少なくて済みます。

つまり椅子が高く肘が鍵盤より高いほうが、
弾く前の構える時点で既に
二頭筋の働きが少なくて済むのです。

あなたはどちらを選びますか?

もっと体のことを知りたいというかたにWSを開きます。
グランドピアノと骨格標本を使う実践的な講座です。
11/12.19AMまたは11/29終日
体の使い方スクール
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. AT
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -