タイトル画像

人に楽しませてもらうのを待つのではなく・・・

2015.11.14(07:31) 706

ランチ会やイベントに来て、

私を楽しませろ
で、なにしてくれるわけ?

的な態度でいる人がいます。
口に出さすとも、オーラがそう語っている(^_^;)

幸いわたしも近年はそういう人とは縁がないのですが、
世の中にはいますよね、そういう人。

愛されるより愛する方が気持ちいい。
だから愛するのだ。
と、なにかで読んだことがあります。

楽しいことがない、だと?

だったら、自分で楽しいことを企画して、
人を巻き込めばいいのです。

べたですが、バーベキューでも流しそうめんでも企画すればいいのです。
作って食べる。これ最高のエンターテイメント。

思い出した!

ある時、
”バーベキューやりたーい”
と暗にねだってきた人がいたんです。
(ちなみにホームパーティーの最中です。ちなみにその人も学生ではなく大人です。)

うちは幼児もちで、その人は独身。
だからこそ小さい子がいる立場が分からないのは仕方ないとしても。

自分がバーベキュー行きたい。
だからが予約してくれたら参加する、
ってことでしょう?

ごちそうになったから今度は自分が企画する、ではなく、
要求がエスカレートするのがポイント。

心の声で私が何と思ったかは伏せます。

学生の時、
私が公共の体育館でバドミントンの会を企画して、
クラスメイトと集まってわいわいやった日があったんです。
バドミントンは大学ではできないので、確か2回くらい開きました。
経験者がラケットもシャトルも用意したんです。

その帰り、屋外のテニスコートをしり目に
今度はテニスやりたい
と、ほざいた男子がいました。

バドミントン楽しかったね、今度はテニスやろうよ、俺がとるから、
ではなく、次はテニスを企画しろと?!
要求のエスカレートです。

そしてデパートの上のレストラン街でランチをしました。
人数も多いし、探している時間ももったいないから、
確実なところに入ったわけですよ。

そうしたら、
脇道にあるような小さい店がいい、
とのお言葉(^_^;)
小さい店?ならグルメツアーでもなんでも自分が企画しやがれ!

要求のエスカレート、アゲインですね。

この手の輩は、とことん人に頼ろうとして、かつ恥じることがないのがよくわかります。

ちなみに、男子にも気が利く人はいて、
バレーボールに誘ってくれたり、
ボーリングを企画してくれる人はいましたよ。
風邪をひいてボーリングを逃したのは残念です。

結論:楽しみたいなら自分から人を楽しみに巻き込むこと!

ピアニスティックノート


<<音楽の物語が聞こえる。ATクラスにて | ホームへ | 体の使い方スクールA日程、初日が終了しました。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/706-c84d3525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)