体の使い方スクールA日程、終了しました!

きょうは、

ピアノを楽に弾きたい方のための体の使い方スクール
A日程、午前2回コースの最終日でした。

先週の初回の後、
ご自身の変化や、ご質問、フィードバックなどをいただきました。

それをふまえて基本を新しい形で復習しつつ、

鍵盤を弾く、ペダルをふむなど
演奏に必要な動作で使う筋肉について
特に具体的にレッスンしました。

中でも大腰筋へのワークは新鮮に
感じられた方がいらっしゃったようです。

不慣れな感じがして、
いつもと違うことが起きて
いつものように、今までのようには弾けない!
でも響きが違う!
そして力がいらない!

ということが起きました。

せっかくそこまで変わったならば、と

全身を目覚めさせるエクササイズを
ためしていただいたところ、

音楽が一気に躍動感を持ちました。

楽しい!というお声。
そう、楽しいんです、ピアノ演奏!
私も楽しくなりました。

仕上げとして本番を想定したワーク。

さらには
フルートの構え方。
重たいバッグを持って歩く。
弾き語り。

等、さまざまなことをシェアできました。

骨くんについては、
橈尺関節について実物大の見本を
見ていただけたのはよかったようです。

私オリジナルの実験グッズも試していただけました。

いただいたご感想の一部です。

体の使い方について今まで知らなかったことが体感できて楽しかったです。
体にしみこませたいです。
楽して(らくして)いいんだ!ということがうれしかったです。

既に初日の変化として、

帰り道が疲れなかった、
新しく腰や背中の使われ方が変わった、
という声もいただきました。

あっという間でしたが、とても充実したクラスとなってよかったです。

次回は11/29㈰10時から。
こちらは受付中です。
HP

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る