学んでリハーサルしたことは素早くできるようになっていく キャシーの教え

Studied and rehearsed plan = 学んでリハーサルしたプラン

これはシアトルの先生、キャシーが授けてくれた言葉です。

練習というと日本では特に、
反復、単調、義務、訓練というイメージがあります。

キャシーはリハーサルするという言葉を使います。

最初は学びたてでも、
リハーサルしていくうちに
素早く自動的にできる範囲が広がっていきます。

運動なら、脳がその機能を小脳へ移管し、スムーズに遂行してくれます。

私も、最初は
アレクサンダーテクニークのディレクションを
自分に送ることが難しかったです。

こんなことピアノ弾きながらできるか!ってw。

送れているかをチェックしたくなりました。

うまくできないとその演奏が破滅のように感じたり。

今度こそやってやる!
とあまり効果の高くない戦略をとりたくなったり。

でも、コツコツレッスンを受けて
それを実践する練習を自分でしていたら、

先生が色々なプランを口で言っただけで、
それを自分で考えて、実行できるようになりました。

今ではピアノ向け一日スクールを
開くことができるようになりました。

それまで、自分が人前に立ち
一日中何かを教える、ということがありえませんでした。

それも、

みんなの前でお話する。
自己紹介する。
曲紹介する。
解剖学のプレゼンをする。

そういうトークのリハーサルを積み重ねて
できるようになったのです。

練習というより演奏。
リハーサル。

学習とリハーサル
それはあなたのやりたい大事なことのための
大切なプロセスです。

無料メルマガはこちらへピアノを楽に弾く体の使い方講座
ピアノボディナビゲーターかおりのHP

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る