5週間海外に行って、見た我が家 

12/18
21歳の時、初めて海外に行きました。

欧州5週間の旅でしたが、
乗り継ぎの関係でまず北京に1泊したので、北京観光もできました。

その後フランクフルトでトランジットし、
イタリアのローマで北京に告ぐ初の外国に降り立ちました。

順番は確かではありませんが

北京
ローマ
フィレンツェ
ヴェニス
スペインのアルハンブラ
マドリッド
フランスのパリ
その郊外
ウィーン
スイスのボン
ユングフラウヨッホの氷河
ストラスブール
ローテンブルク
ハイデルベルク
ミュンヘン
ベルギーのブルージュ
フェリーでイギリスへ
ロンドン
その郊外

など、たくさん行きました。

全35日間。

初めての海外で、かつ自宅を離れた時間も過去最長でした。

北京だけでもうすごいスケールでした。

カルチャーショックはいろいろとありました。

そして、ヨーロッパという異世界、いろいろな文化、人々。

旅が終わり、
成田から上野のスカイライナーをおり、
バスでものの数分。

自宅が目に入りました。

なんと!

うちってこんなに小さかったっけ?

家に入って、
私の部屋ってこれ?

とても違和感がありました。
色彩さえ違っているようでした。

そう、セピア色の写真を見るかのよう。

確かに勉強もアルバイトもなく、テレビもみず^^;、
ひたすらいろいろなところを見ていろいろなものを食べました。

家事は、部屋のシンクでインナーを洗うことぐらい。

2-3日ごとに変わる外国語も手帳をみながらしゃべりました。

色々な人とコミュニケーションをはかり、
とっても楽しかった時間をすごしてきました。

いつもより近くを見ることがなく、
ある意味、外の世界を初めて見てきた5週間でした。

なんと、小さな我が家に目の焦点が合わないのです。

これが視野が広がるっていうことか!

本来はそうではないでしょうが、
帰宅した日、私の視野は文字通り変わっていました。

外へ出ろ、という意味ってこれもあるのかな、と思います。

その後、
あらためて中国、
アメリカ(複数回)、
香港、
シンガポール、
グァム、
ハワイ、
最後はタヒチ。

と行くことができました。
中国大陸は18日間でしたが、
それ以外は数日です。

それでも普段の生活から離れる楽しさがありました。
エコノミーの飛行機、特に帰りはきつかったですが。

いずれ帰宅するにせよ、
あの時の視野の変化は今も忘れていません。

旅に出るって、行っている間だけのものじゃないんですね。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム