ピアノのための体の使い方スクール 終了しました!

11/30
29日、無事に11月の2コースが終了しました。

1日コースは、遠方の都外から参加してくださった方たちもいらっしゃいました。
ありがたいことです。

6章にわけて体の構造を理解するお話をし、
実験や簡単なエクササイズをし、
その都度アイディアを、
ピアノを弾く実践で取り入れる、というレッスンをしました。

どんどんみなさんの演奏が美しくなっていって、

しかもご本人は 楽です!の弁、

見ている人は 音楽が前に進んでいて、動きも美しい、

というイベントの連続でした。

スケルトンを置いて、グランドピアノを使っての講座でしたが、

昔懐かしいクレヨンやゴムボールも使いました。

歩くこと、
荷物を持つこと
弾き語り
自己紹介

など、おなじみのワークもできました。

グランドピアノをマッピングするワークも今回取り入れてみました。
ホールのフルコンサートも応用できそうです。

今回初登場の、ドラえもんを使ってのプレゼントワーク。

お客様を演奏にご招待する意図を
明確にすることで、演奏もさらによくなりました。

仕上げは青島広志先生直伝の舞台登場法wまで取り入れて、
本番を想定した演奏をしていただきました。

朝いちばんの頃からは
別人のように動きがかわり、
音楽もとてもよくなってうれしかったです。

(注: とてもよくなって、ではとても言い表せていないのが本当に残念です)

終了後、受講者の方が記念撮影をしてくださいました(*^_^*)。
Photo1129

帰りぎわ、お住まいの市の文化会館でも
出張講座をお願いすることはできますか?
との打診までいただきました!

これから施設主催企画として提案されてみるとのことですが、
そういうお言葉をいただけるなんて、本当にうれしいです。

ABコース、受講して下さった方々、ありがとうございました。

またお会いできる日まで♪
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム