快楽・フロー・意味 幸福の3要素

M・セリグマン博士は、ポジティブ心理学の先生です。

心理学というと、
なにかと
防衛機制、逃避、条件反射
というあまりうれしくないワードが思いつきますが、

ポジティブ心理学というのは、
うまくいく、幸福の心理学の研究をしています。

快楽とは

おいしいものを食べる
レジャー
など、いい気持ちになれる活動。

あーしあわせ♡

これは簡単に手に入る一方、
1回で満足する、というものではなく、
際限がありません。

フローとは
なにかに没頭した状態。

熱中、没入ともいえます。

なんであれ、忘我の境地になっている時。

ミュージシャンが演奏している時
仕事に没頭している時
好きなプラモを作っている時
デザインしている時
文章を書いている時

いろんな局面で起こっていると思います。

最後は意味。

これは自分の長所を生かし、なにかに捧げることです。

ライフワークという言葉があります。
その人にとって意義深いこと。

それはもっとも幸福感をもたらしてくれるものです。

どんなに有名になり、どんなにお金をもらっても、
やりたくないアイドル活動を辞める人がいます。

意味があるのは、楽しいお仕事ばかりではありません。

高齢者施設の主治医の方がいるのですが、
場所の特性上、診断書を書くことが多いそうです。

それでもその方は、
診察してきた方のため、医師としてする最後の作業に、
意義を感じらておられるのです。

快楽は手軽。でもその味もうつろいやすいのです。

等身大の自分で、
意味のあること、ライフワークに
没頭できること。

これが一番かもしれません。

0 Comments

Add your comment