肩甲骨麺、なにそれおいしいの?前に約30度の面です。

肩甲骨は前に向いています。

scapular plane 肩甲骨面の図
肩甲骨面
受けから見た図。上が顔の側です。

ご覧のように、
肩甲骨は三角定規の長辺のように、
30度くらい前を向いています。

この延長上に腕が来ます。

だから、腕を真横に開くより、少し前で開く方が楽です。

ラジオ体操をやってみてください。

真横180度と、
120度くらいで比較してください。

前で開く方が腕がよく動きます。

肩甲骨は、寄せずに腕とともに前に行かせてあげる。

そうすると演奏も楽になります。


2月は水曜と土曜の2コース、ピアノを楽に弾く体の使い方スクールを開催します。
HP

無料メルマガピアノを楽に弾く体の使い方講座

0 Comments

Add your comment