肩甲骨麺、なにそれおいしいの?前に約30度の面です。

肩甲骨は前に向いています。

scapular plane 肩甲骨面の図
肩甲骨面
受けから見た図。上が顔の側です。

ご覧のように、
肩甲骨は三角定規の長辺のように、
30度くらい前を向いています。

この延長上に腕が来ます。

だから、腕を真横に開くより、少し前で開く方が楽です。

ラジオ体操をやってみてください。

真横180度と、
120度くらいで比較してください。

前で開く方が腕がよく動きます。

肩甲骨は、寄せずに腕とともに前に行かせてあげる。

そうすると演奏も楽になります。


2月は水曜と土曜の2コース、ピアノを楽に弾く体の使い方スクールを開催します。
HP

無料メルマガピアノを楽に弾く体の使い方講座

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る