アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

さて、先日、ヴェデルニコフの演奏との出会いについて書きました。

ここで、私が好きなピアニストを、かれのほか思いつくところからあげると

グレゴリー・ソコロフ
ミハイル・プレトニョフ
A・ガブリーロフ
アンスネス
そしてツィメルマン。

上記のピアニストの演奏に共通するのは・・・

音色が好きなのです。

ヴェデルニコフも昔の人ですが、発見してよかった人の一人です。

ガブリーロフ、ツィメルマンは生で聞きました。

この二人でなくとも今は演奏の様子が
見ることができますね。

コンチェルトのCDを求めるときに
私が選んでしまうのがアンスネスやツィメルマン。

オーケストラの中にあって、
あんなにも変幻自在に美しい音を紡いでくれる。

彼らはなんとらくそうに、あんなにも美しく弾くのでしょう。

ピアノという楽器の可能性を教えてくれる、
とても素晴らしい存在です。

誰が弾いても音が出る?
そうじゃなくて、
弾く人によって違う音が出る。

これがピアノの醍醐味です。

あなたの使い方が変われば、
同じ楽器でも音が変わります。
HP
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. ピアノ・音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -