速く弾くためには、どこを弾くかを知る必要がある

ピアノで速く弾くためには、
まず最初はゆっくり弾くことが多いと思いますが、
そのゆっくり、
は指を鍛えるためではありません。

ゆっくり強く弾けば、
速く弾けるようになる、
というのは
実は正確ではありません。

ゆっくり弾く

速く弾く

では、音符が同じでも挙動が違うのです。

強く弾く

速く弾くも

別の運動です。


それでも、
まず、どの音を弾くかは知る必要があります。

そのためにゆっくり目でよいので、

どの音をどの指が弾いて、
どんな運動の流れになるか

をつかみます。

※強く弾いて鍛えるためではありません。


このプロセスを手抜きすると、
本当に音が抜けたまま進むことになります。

目隠しして障害物競走をインテンポで走り、
オールクリアーの奇跡を期待するようなものです。

#今日は、近い将来、インテンポでいい演奏をすることを目標としています。
(初見の読譜力は別とします)

まずは、レースで、コースのどこを通ればいいのかを下見して理解する。

インテンポでいい演奏をしたい。
そのための準備です。

練習のゴールを忘れないようにしましょう。

無料メルマガ ピアノを楽に弾く体の使い方講座

HP http://kaorikitagawa.jimdo.com

0 Comments

Add your comment