本当に自分にとって大切な曲を弾く

ある時、弾きあいで自作の曲をピアノで弾いた人がいました。

その後、続けてバッハの作品も演奏しました。
その人が本番に向けて準備していた曲です。

バッハを弾きながら、その人は笑い出しました。
声には出しませんでしたが。

バッハになったら途端に音がよくなったから、自分でも笑っちゃったと。

バッハはその人にとって、とても大切な作品だったのでした。
実際名曲ですし。

いい曲だから、自然と大切に弾きたいと、
演奏が変わったようです。

よりいい音が出せる、いい演奏をする、
ヒントがここにあります。

本当に大好きでいい曲だから、聴いてほしい。
その意図こそ、あなたの力を引き出す源となるのです。

だいっすきな、とっても大切な、
あなたが慈しみたい曲を弾いてみましょう。

ピアノ人生に、それ以上のことがあるでしょうか?


2/20受付中 HP
無料メルマガ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る