本当に自分にとって大切な曲を弾く

ある時、弾きあいで自作の曲をピアノで弾いた人がいました。

その後、続けてバッハの作品も演奏しました。
その人が本番に向けて準備していた曲です。

バッハを弾きながら、その人は笑い出しました。
声には出しませんでしたが。

バッハになったら途端に音がよくなったから、自分でも笑っちゃったと。

バッハはその人にとって、とても大切な作品だったのでした。
実際名曲ですし。

いい曲だから、自然と大切に弾きたいと、
演奏が変わったようです。

よりいい音が出せる、いい演奏をする、
ヒントがここにあります。

本当に大好きでいい曲だから、聴いてほしい。
その意図こそ、あなたの力を引き出す源となるのです。

だいっすきな、とっても大切な、
あなたが慈しみたい曲を弾いてみましょう。

ピアノ人生に、それ以上のことがあるでしょうか?


2/20受付中 HP
無料メルマガ

0 Comments

Add your comment