肘を無用に開くのが得策ではないわけ

二人一組で実験していただきたいことがあります。


一人は肘を体のそばに置いたまま、手のひらを肩の高さにあげて、
手のひらを向かい合ったもう一人に押してもらう。

二回目は、肘を肩の高さにあげて、
手のひら同じようにもう一人に押してもらう。


どうでしたか?


1回目は耐えられても、
二回目は同じ力で押されても
あっさり力負けしてしまったでしょ?

これは、二回目は腕単体で戦うしかなかったからなのです。

1回目は、肘をあげておらず、背中の大きな筋肉が腕をサポートしてくれていたのです。

お尻から始まっている大きな筋肉・広背筋。
広背筋

このパワフルなサポートを、ピアノでも使わない手はありません。

肘を余計に開いても、背中のサポートは効きにくいのです。

でも、サポートが使えれば、
腕だけで頑張らなくていいのです。

大きな筋肉は楽々と腕を助けてくれるのです。

あなたの体はもっともっと可能性があります。
楽にピアノを弾ける可能性をもっているんです。


骨格標本とグランドピアノを使います。
ピアノを楽に弾く体の使い方スクール 2/20㈯
メルマガ無料

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る