タイトル画像

肘を無用に開くのが得策ではないわけ

2016.01.19(06:00) 773

二人一組で実験していただきたいことがあります。


一人は肘を体のそばに置いたまま、手のひらを肩の高さにあげて、
手のひらを向かい合ったもう一人に押してもらう。

二回目は、肘を肩の高さにあげて、
手のひら同じようにもう一人に押してもらう。


どうでしたか?


1回目は耐えられても、
二回目は同じ力で押されても
あっさり力負けしてしまったでしょ?

これは、二回目は腕単体で戦うしかなかったからなのです。

1回目は、肘をあげておらず、背中の大きな筋肉が腕をサポートしてくれていたのです。

お尻から始まっている大きな筋肉・広背筋。
広背筋

このパワフルなサポートを、ピアノでも使わない手はありません。

肘を余計に開いても、背中のサポートは効きにくいのです。

でも、サポートが使えれば、
腕だけで頑張らなくていいのです。

大きな筋肉は楽々と腕を助けてくれるのです。

あなたの体はもっともっと可能性があります。
楽にピアノを弾ける可能性をもっているんです。


骨格標本とグランドピアノを使います。
ピアノを楽に弾く体の使い方スクール 2/20㈯
メルマガ無料

ピアニスティックノート


<<人と比べること・・・ピアノでは必敗の法則なり | ホームへ | 言い訳の天才になっていませんか?創造的回避>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/773-65bb1936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)