自分で体験を作り出すための思考

アレクサンダーの発見を学んで、
一番今までの勉強と違うなあと思う点があります。


それは、
先生が、体験をさせてくれてそれから思考を理解する

だけでなく、というかそれよりも、

先生が、体験をするためのどう思考するか、を教えてくれる

点です。


従来のレッスンでよくあるのが、

先生: こうですよ

生徒: はい

やってみる

できたり、できなかったりする。

できたほうを、

先生: それよ♪

生徒: わかりました

家に帰ってやる

できない^^;

どうやるんだっけ。

以下ループ。


何が問題かというと、

先生はすでに会得していて、無意識にできることなのですが、
生徒はそれをどう考えればできるのか、がわからないのです。


体験はあります。
先生が弾くのを見て、
音を聴きます。

真似してみます。


でも、先生の前でまぐれ的にできたとしても、
一人になった時にもう一度できないのです。

だって、考え方を知らないのですから。
結局、レッスンのあと、また試行錯誤することに。


アレクサンダーでは、どう考えれば体動いてくれるのか。

体が自動的に統合される”考え方”を学びます。


だから、

えー!
なんでー!
できちゃったー!
あんなに何十時間かかってもできなかったのに!

ということがしょちゅうあります。


スクールでは、骨格標本とグランドピアノを使い、
ご自分でできる考え方を、
実体験を通してシェアいたします。


ピアノを楽に弾く体の使い方スクール 2/20土 受付中

無料メルマガ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る