手首を反らせないで!同時収縮は、キビシー!

01/23
手首をそらして指を曲げるという動き。

なさらない方はいいのですが、

実は、
伸展と
屈曲を
同時にしてしまっています。

何が困るかというと、
相反する動きをする筋肉を同時に収縮させる(働かせる)ため
関節が固まります。

どっちにも行かれないからです。

いわゆる手首を伸展するという動きはこれで、
伸展
前腕に対して手の甲を直角に近づけるわけです。

右手の甲側の筋肉たち
前腕の伸筋


その上で指の付け根を折ると、
指の屈筋を使います。
右手の手のひら側から見た図
浅指屈筋
深指屈筋

手首は伸展、
指は屈曲

と、相反する動きをさせることに。

これでかつ指を動かすピアノを弾くという動作。

考えたくないほど辛いはずです。

手首は自然のままがニュートラル。
伸筋も屈筋もニュートラルが、ゼロのポジションです。

手首をわざと反らせなければならないポジションで弾いている方は、
椅子が低いとか、理由があるかもしれません。

いろいろお試しになって、
見直してみてください。

2/20募集中 HP
無料メルマガ 登録はこちら
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム