調子に乗ろう! 一応ほどほどに^^;

ピアノソロの続く舞台などでは、

本番を終えて一人づつ楽屋に戻ってくるのですが、

その時、一様に お疲れ様 と声をかけることになっています。


そして、他の人から

よかったよ~♪

と言われた場合、

いやいや、とか
謙遜するテイを装うことが多いです。


もしくは、よかったよ~、と言われる前に、

あー、だめだった、とか

○○しちゃった、などと、

開口一番自分からダメ出しを言ったりします。


こういう必要以上の謙遜、意味があるのでしょうか?


もちろん、未来への課題、ヒント、もっとやりたいことが

見つかるのが演奏というもの。


もちろん、100%満足する、ということは難しく、

なにかしら予想通りにいかないところはあったでしょう。

でも、それも含めて本番。


だから、

なかなかよかったところもあったのに、

自分から卑下してしまうのは、

やっぱりよくないと思うのです。


よかったなら、

自分、やるじゃん!

やったー!

(もちろん、謙譲は美徳の日本。人目を憚るなら、まず物陰で一人になって)

お祝いしましょう。


喜びを、

演奏の後に湧いてくる感情を

自分でしっかり味わいましょう。


自分もなかなかイケル!と思ったら、

ちょっと調子に乗りましょう。


HP
無料メルマガ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る