大きく振りかぶる、必要ないかも♪ ブレスのお話

02/11
歌い始める直前、

楽器を吹く直前、

息を吸うことがほとんどと思います。


たとえば一小節前から数えて、

123 4の4拍目で吸う

をやっていることがあります。


それ自体は構わないと思います。


気を付けてほしいのは、

吸う

という動作に、

口を無理に開きすぎたり、

そのために頭を後ろへ必要以上にのけぞらせたり

といった、

あまりこれからの歌や演奏に

役立たない動作が付随していないかどうかです。


私たちは四六時中呼吸しています。

体にそうさせてあげさえすれば、

上手に息ができます。


もし、1拍前にすべての空気を一気に取り込まなくてもいい、

としたらどうでしょう。


ただ、唇を閉じて、

鼻から自然に空気を入れさせてあげたらば?


1拍の間でなくてかまいません。


頭と脊椎の関係を思い出し、

好きなタイミングで吸って、

それから歌ってみましょう。


息を吸うのに、大きく振りかぶる必要はありません。


メルマガ
HP
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム