ピアノに腕が向かう時はフロントレイズで! 3つの三角筋

02/12
ピアノを弾こうと腕を動かすとき、

前に動かしたいのですが、


いったん脇を開いてから、

肘を外に開いてから、

腕を動かす人がいます。


前に行くのにそれは必要でしょうか?

筋トレをする方なら、

三角筋をご存知かと思います。

三角筋は

前部
中部
後部

の3つのパートに分かれています。

当然働きが違うので、

三角筋を鍛えるときは、

主に3つのトレーニングがあります。

今日は二つを例にあげます。

フロントレイズ

これは前部を使って腕を前にあげる運動。

この時、上腕の本当に前側の三角筋が働きます。
三角筋前部

HOWEVER
しかーし!

ラテラルレイズ

これは三角筋中部を使い、両腕を翼のように広げます。
三角筋中部


これは腕を外転させる、

腕を横に開く動きと同じなのです。


前に行きたいのに、横に行く筋肉を使っているわけです。

別の筋肉なんです。


これから前で腕は色々動きたいのに、

初動の段階で中部を使ってしまっています。


筋肉を使うということは、そこが緊張して固くなります。

自由度が下がるんです。

だから、ピアノに腕を持っていくときは、

是非とも、フロントレイズで、お願いします!

HP
メルマガ
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム