風邪をひかないために 

この冬は、風邪らしい風邪をひいていないので、

どうしてかなあ、と考えてみました。

ふと検索して見つけたのがこちらのサイト。その名も美人のレシピ。

1.朝のストレッチと筋トレ

2・野菜ジュースとビタミンC

3.水うがい

4.「カリンエキス入り」のど飴をなめる

5.ヤバイ!時はカイロ貼り


このラインナップにおお!と思ってしまいました。

私のやっていることも共通点があるので、ご紹介します。


まず、クリスマス前から、ウォーキングを復活しました。

この冬は東京でも暖かい日が多く、家を出てしまえばそれほど億劫になりませんでした。

マフラー、帽子、手袋で体温を調節します。

実際、買い物をして帰宅すると、着替えたくなるほどぽっかぽかになります。

やはり適度の運動はいいですね。


それから、ビタミンCのサプリ。

規定量よりは少なくても、ないよりはましかな、と。(すみません)

結構前から疲れにくくなったと感じています。(注:本人比)

やはり予防の定番ですね。


手洗いとうがいは、水道の水で、外出から帰ったら必ず、年中やっています。

サイトによると、うがい薬より水でやった被験者が風邪をひきにくかったそうで。

うがい薬だから安心、というのはないのですね^^;

これも王道ですね。


のど飴。実は去年一応買ったのですが、必要性を一切感じませんでした。

まだ残っています^^;

のどの乾燥を防ぐので、水分補給とキャンディはいいと思います。

特に、はちみつキャンディ、プロポリスキャンディもいいらしいです。

ん?とのどに乾燥や違和感を覚えた時のみなめています。


それと、のどといえば、

実は、あいうべ体操もはまっていまして。

鼻呼吸、大事です。これはどんな物質より効くのでは?


カイロ。

これは一年前の冬は必須でした。

法事、リハーサルなど外出先で座っていることがありましたが、

その時も無事でした

私の場合は仙骨のあたりの服に貼っています。

今年は暖冬だったので、寒いから念のため、という日だけ使いました。

出先で思ったより寒い!という時のために、いつもバッグにいれています。


あと、6番目、

カイロではありませんが、

首回りは重要と考えてマフラーは必ず持参。

寝るときもタートルのインナーで。

ホットコットというベルメゾン製のインナーは、

肌触りもよく、暑すぎもなく、快適です。

インナーはアウターより大事、ですよね。


そして、7つ目。

レッグウォーマー。

自宅用、お出かけ用と3セットくらい持っています。

寝るときも足首は必ずつけています。

パジャマがめくれるとちょっと寒いんですよね。


番外編

飲み会にいかない、ですかね。

夜、疲れている、冷える、人ごみ。

これを避けるのは結構大事かと。

同席した人が咳をしていたらしゃれになりません。


最後になりましたが、バランスのとれた食事、睡眠。

これが最重要でしょうね。


まだまだ寒い日もあり、気温の上下もあります。

気を付けたいです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る