タイトル画像

誰それ二代目ではなく、初代になろう

2016.02.28(06:00) 807

○○さん二代目になれるよ!

高校の部活の時、ピアノを弾いた私に言ってくれた人がいました。


既に卒業していた○○先輩はピアノが上手だったということのようですが、

中等部の頃スポーツをやっていた私は、

既に卒業してしまったその人を知りませんでした。

言ってくれた人は褒め言葉をくれたのでしょうが。


私は心の中で、


二代目なんて・・・

私は初代私になるだけ。


そう呟いたのでした。



その先輩は彼女から見て素晴らしかったでしょう。

でも関係ない。

その人が勝手に連想しているだけ。

私が先輩の二代目になったら、彼女の脳内妄想が納得するとか、

そういうレベルの話です。


その気持ちはいつも変わりません。


私のピアノ人生には、先輩や彼女の妄想など関係ありません。


二代目だね、なんて言われたら、

私なら

がっかりだよ!

(懐かしの桜塚くん(合掌)

というでしょう。


誰しも、初代の自分の人生を生きるだけです。



美しい音を探求するピアノのボディスクールを、 

6/18午後開催します。


ピアノを楽に弾く体の使い方のエッセンスを、

4時間に凝縮してシェアする

ピアノボディスクール、お申込み受付中です。

HP

スクールの冒頭を無料で読めるメルマガはこちらで登録できます。

ピアニスティックノート


<<似た者同士の集まりでは発展しない 少年がよそのおじさんに弟子入りする必要があるわけ | ホームへ | ピアノボディスクール2016年度始動!6/18 美しい音を探求するピアノボディスクール開講します。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/807-2cb8e103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)