FC2ブログ

記事一覧

教育は生徒が主役、な件

子育ては子どもが主役。

なにを当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、

一番明快であって忘れられやすい事実。


教育も生徒さんが主役。

先生を満足させるために児童が存在するのではない。


元気のない日は元気のないなりに、

やる気が出ない日はやる気のないなりに、

やったっていい。


苦手なものもあるだろうし、

やめろといわれてもやりたくてしょうがないこともある。


そのやりたくてしょうがないことに、

その人の本質がある。


それに出会うお手伝いをしているのが、

教育であり子育てなのかな、と思う今日この頃です。



ピアノボディスクールでは、

ピアノをもっと上手く弾きたくて弾きたくてしょうがない!という方を

お待ちしております。

6/18 HP

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: