アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

SEE と LOOK AT について教えてくれたトミーのクラス。

私の役に立つレッスンがありましたのでご紹介します。


それは手に方向性を与えること。


モノを握る、
楽器を持つ、
ピアノを弾く
パソコンをやる
携帯をいじる

私たちの生活で、

手の指は絶えず内向きに使われますね。

トミーが教えてくれたのは、その傾向から指を解放してあげるワークです。

八つ橋に湾曲している、とだけ考えていた私には衝撃でした!


左手を例にとります。

私の手
手

それぞれの指に、付け根から方向性を与えてあげます。
指2

順番は、親指を1として、

1、4・5、2、3です。

カラーの矢印の順番です。

まず、
親指の先を右手で触れながら、

こう考えます。

親指は、

手首から離れ
手のひらから離れ
手の甲へ向かう

これで1サイクル。

手首から離れ、というのは、

指の本当の始まり、手根骨との境からを指と考える、
ということです。

同じく、

4と5の指は、

手首から離れ
手のひらから離れ
手の甲へ向かう。

と考えます。

他の指もゆっくりと。

右手を添えて考えるだけで、

実際に指を引っ張る必要はありません。


ゆっくり、

ステップバイステップでやりましょう。

♪指先は手のひらを離れる、でもいいですよ。


一本づつやることです。

変化がありましたか?


水筒でもペンでも、さっき手で持ったものを

もう一度手に取ってみましょう。

または、ピアノを弾いてみましょう。


コンタクト(接触)や指の動きは変わりましたか?

腕全体の状態はどうですか?


6/18 美しい音を探求するピアノボディスクール 残席あります。
HP
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. AT
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -