スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽譜を見る?暗譜して鍵盤見る?

新しい曲を練習し始めると、

楽譜を見て、

かつちらちら鍵盤を見ますよね。

どちらも必要な動きです。


ですが、この二つの間を行ったり来たりするとき、

自分の動き方によっては、スムーズな演奏を妨げかねないのです。


理由は

目オンリーを動かしては両方を見られないため、

頭を動かす必要がある、

からです。


そして、

頭の動かし方がとても繊細になる必要があります。

頭を動かすとき、

首、頸椎をぐにっと曲げてしまうと、

椎間板の間も狭まってしまいます。


なにより、

全身をつかさどる、

後頭骨と頸椎1番の関係が

悪くなります。


実は、

頭蓋骨が頸椎の上に載っている、

そのポイントは耳の穴と穴の間。

眼窩の下の延長線ぐらいです。


まず、

目線だけを上か下へ動かします。

やがて頭が自然とその動きについてくるように。

丁寧に動いてみてください。


鍵盤を見るという日常的な動きも、

一回ゆーっくり、目線から動いて

みましょう。


なんていったって何百回も演奏中にする動きです。

演奏に役立つ使い方をしたいですね。


6/18 ㈯ 美しい音を探求するピアノボディスクール
HP

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。