タイトル画像

肩甲骨を寄せても腕は自由になりません

2016.04.06(08:53) 822

気を付け
胸を張る
いい姿勢。

これは習慣的に行っていますが、大きな誤解がある動作です。

演奏するとき(ちゃんとするとき)は背筋を伸ばすとよい、

という思い込みから、

肩甲骨を習慣的に脊椎に寄せている人がいます。

動きの中でそうなる瞬間ももちろんあっていいのですが、

ピアノを弾くという行為の中では、

それが健全な演奏に役立つか、はなはだ疑問です。


体を上空から見てみましょう

肩甲骨面

腕の骨は、この図では書かれていませんが、

肩甲骨のはしっこのくぼみについています。


鎖骨、肩甲骨、上腕骨がセットとなっています。

一緒に動きます。


ちなみに鎖骨だけが、前の中心にある胸骨について、体とつながっています。


どういうことかというと、

肩甲骨を後ろに寄せ、同時に

腕を前に出そうとすると、

一番柔軟に動かしたい腕と肩甲骨の関節で、

綱引きが発生してしまうのです。


腕を前に出したいのであれば、

肩甲骨も前に行かせてあげたほうがいいのです。

ピアノを楽に弾く体の使い方講座無料メルマガ
ピアノを使った講座でみっちり学びたい方 ピアノボディスクール 6/18㈯ HP 残席あります。

ピアニスティックノート


<<坐骨から頭の長さを思ってみる ATでピアノレッスン | ホームへ | 脳の不思議 ミラーニューロン>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/822-ef6f7403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)