アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

先日のレッスンの続きです。


もう一つ、フレーズを見てもらいました。

16分音符を両手を使って連打します。

♬♬♬♬

悪くないですけれど、もっとよくなりますか?

K先生: ピアノを弾くとき、指先は頭から離れていくので、

指先と頭の距離が大きくなるのを楽しんで、なんか適当に弾いてみて。


♪♪♪♪適当にポーン、ポーン♬

指先と頭の距離が遠くなる、遠くなる・・・と思いながら弾きます。

なるほど、楽しいです。


K先生: では、同じように考えて先ほどのフレーズを弾いて。

♬♬♬♬

うそ?!すごくいいです。

鍵盤の反発も楽々返って来て、とても弾きやすくなりました。

響きもいいです。


これでレッスン終了。


弾こう!として、習慣的に、ほんの少し、鍵盤へ向かおうとしてしまっていたのです。

譜読み中は楽譜へ、

音が頭に入ったらピアノに、

自分が不必要に寄っていたというわけ。


それが軸に干渉し、繊細な動きを妨げていました。


先日練習で動画をとって、これはアカン・・・と思っていたことが、

抑制できました。


やれる!やれるわ、私!

そう思えるのは本当に楽しいです。


無料メルマガ ピアノを楽に弾く体の使い方講座 全4回 
グランドピアノと骨格模型を使った、実践的なワークショップ ピアノボディスクール 6/18㈯ 受付中です。
テーマ : ピアノ    ジャンル : 音楽
  1. AT
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -