タイトル画像

指先は頭から離れていく ATでピアノレッスン 後半

2016.04.15(06:39) 824

先日のレッスンの続きです。


もう一つ、フレーズを見てもらいました。

16分音符を両手を使って連打します。

♬♬♬♬

悪くないですけれど、もっとよくなりますか?

K先生: ピアノを弾くとき、指先は頭から離れていくので、

指先と頭の距離が大きくなるのを楽しんで、なんか適当に弾いてみて。


♪♪♪♪適当にポーン、ポーン♬

指先と頭の距離が遠くなる、遠くなる・・・と思いながら弾きます。

なるほど、楽しいです。


K先生: では、同じように考えて先ほどのフレーズを弾いて。

♬♬♬♬

うそ?!すごくいいです。

鍵盤の反発も楽々返って来て、とても弾きやすくなりました。

響きもいいです。


これでレッスン終了。


弾こう!として、習慣的に、ほんの少し、鍵盤へ向かおうとしてしまっていたのです。

譜読み中は楽譜へ、

音が頭に入ったらピアノに、

自分が不必要に寄っていたというわけ。


それが軸に干渉し、繊細な動きを妨げていました。


先日練習で動画をとって、これはアカン・・・と思っていたことが、

抑制できました。


やれる!やれるわ、私!

そう思えるのは本当に楽しいです。


無料メルマガ ピアノを楽に弾く体の使い方講座 全4回 
グランドピアノと骨格模型を使った、実践的なワークショップ ピアノボディスクール 6/18㈯ 受付中です。

ピアニスティックノート


<<手足に気を配ってみる いつもの感覚、でいいのかしら? | ホームへ | 坐骨から頭の長さを思ってみる ATでピアノレッスン>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/824-3584de72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)