スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手足に気を配ってみる いつもの感覚、でいいのかしら?

私事なんですが、

今日、スーパーの駐車場で、盛大に転んでしまいました(;_:)。


大きな原因はおそらく、

車を降り、ドアを閉め、歩き出す。

この一連の動作を、

”いつもの感覚”でやろうとしたことです。


そして運の悪いことに、

久しぶりに履いた靴の底のグリップ力が高く、

路面もざらざらしていて摩擦が大きかったのです。


向きを変え、のところが、いつものように、するっと行かなかったのです。

それで勢いがあまり、転んでしまいました。

着地まで体勢を整えようとはしたのですが、

ストレッチの全く効かないボトムを履いていたことも災いしました。


盛大にこけた、と描写したのは、

最終的に目の前に自販機があって、

眉骨・びこつ目の上のでっぱりを打って止まったからです。


びっくりしました。

幸い、☆も出ませんでしたし、

激痛ではありませんでした。


後で少し腫れてきましたが、

あざになってはいませんでした。

打ち方がよかったのか?

骨って大事ですね^^;


ばっちり一部始終をほかの人に見られたのもまた情けなく。


いつもの通り、でやろうとした私は、

膝の曲げにくさ、

靴底のすべらなさ、

路面の摩擦

に気づいて動くことを、しなかったのです。


手はハンドルに触れている。

ドアに触れている。

足は地面についた。

立ち上がった。

向きを変えた。

ドアを閉めた。


という風に、

毎瞬、自分と周りとの関係、

自分の動きに気づいていさえすれば、

あそこまでこけることもなかったのに。


運転中は気を付けていたのに、不覚でした。


いつもの通り。

それでも、毎日、毎瞬違うことに気づけたらいいですね。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。