ピアニストってなんですか? 典子さんの言葉

24日は、UNIT空のコンサートを聴いてきました。

空さんは、アレクサンダーテクニークの学校の仲間3人によるユニットです。

ピアノは典子さん。
歌は時子さん。
オーボエは正巳さん。

うっとりそするような、心地よい時間をすごさせていただきました。

また、普段のレッスンの成果が結実した様を見て、
じーんと来ました。

日本の歌からオペラ、クラシック、映画音楽と、飽きのこないプログラムでした。


終演後、とても素敵なピアノを弾いてくださった典子さんに、

ピアニストってなんだと思いますか?
なにをもってピアニストっていうんでしょうか?

とお尋ねしたのです。

私は、十分うまいのだろうか?という疑念がぬぐえないんです、と。

そうしたら、

上手いかどうかを考えちゃダメ。

どれだけ好きでいるかだから。

たとえどんなにうまくても、好きじゃなくてやっていたら、それはどうかと思うよ。


と明確にお答えをいただけました。


他のピアニストさんにも、(8月のリサイタルレビューで書いたみきさん)

その人が本当に楽しんでやっている姿を見るのが楽しいんじゃない?

と言われました。

うまくなってから、じゃ一生できない、とも。


先日のブログを同じことを言われました。


それでよかったんだー♪

こころがほっこりして、うるるんとしました。

というわけで、新曲引き続き頑張っていく年にしたいと思います。


6/18ピアノボディスクール 残席あり。

メルマガ無料登録

0 Comments

Add your comment