1時間半で四期を弾き分ける 自分の使い方がすべて!

9月にコンサートを開いたのですが、

バッハ
モーツァルト
ショパン
ブラームス
リスト
ドビュッシー

をプログラムに入れました。

バロック
古典
ロマン
近代

の、いわゆる四期をカバーするのは、4回目のコンサートで初めてやりました。

実は2002年から2010年ごろにレッスンを受けたレパートリーが中心でした。


オール○○プログラムはやりやすいです。

同じ作風の曲だけを弾くわけですから。

得意ならなおさら。


四期を弾き分けるのは、

ピアノリサイタルをすることにおいて、

むずかしさの一つです。


どうしてそれをやったのか?


それはもう、

自分の使い方、が上達したからです。


たとえば、レッスンをしている時はその曲が弾けても、

他の曲に移って時間がたつと、前に弾いた曲があまり弾けなくなっている、

ということがありませんでしたか?


ここ3か月やっていることを再現するのはさして難しくないでしょう。


でも、何年も前に勉強した表現を、

他の作風と同時に弾く。

すべて体が覚えているかというとそうはいきません。


そのためには、

本当に、手のコントロールだけするのではなく、

頭と脊椎の関係性を妨げずに、

全身で腕を支えてあげるのです。


そうすると、やりたいと考える演奏がおのずと出てきます。


体験したいかたは是非、


スクール導入部を4回のメルマガで ピアノを楽に弾く体の使い方講座 無料登録

0 Comments

Add your comment