FC2ブログ

記事一覧

出でよ、わが手に、トリケラトプス筋!

2016年5月のブログです。

合宿でキャシーのレッスンを受けました。

両手がオクターブでダイナミックに動くフレーズです。


私が弾くのをみたキャシー先生。

C:前腕を下げる筋肉をもっと使いましょう。

私:?

私は、指を屈曲する筋肉を優先的に動かしていました。
屈筋とは、手のひら側の筋肉群です。

屈筋 


それよりも、曲げた肘を伸ばす筋肉、

つまり、上腕三頭筋を使え、ということです。
上腕筋 
力こぶを作るのが二頭筋。肘を伸ばしたときに収縮するのが三頭筋です。


目覚めよ、私のトライセプス(三頭筋)!

三角獣・トリケラトプスに名前が似ている、と思いつつ。

キャシーの手に私の手を乗せ、肘を伸ばしつつぐっと押して、
わたしのトリケラトプス筋を目覚めさせます。


そうして弾いてみると・・

音がクリアーで、さほどがんばりも要りません。

打鍵の精度・正確さもあがっています。


またまた、純粋な喜びがありました。

それになにより、弾きたいと思っていたテンポが達成されていました。


演奏には、もちろん指を使いますが、それは繊細な動きにとっておきたい。

そのためには、まず三頭筋で肘の関節を伸展。それを生かして打鍵することなのです。

なんかもっと弾けるはずなのに、と思った時は、トリケラトプスを召喚してみましょう!


4回コース、単発レッスン
体験セミナーあり。







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: