歯ブラシは水をつけずに 知ってるつもり?!

05/31
つい最近知ったのですが、

歯磨きの時、歯ブラシに水をかけるのは

やらないほうがいいのだそうです。


水でぬらすと、

毛先が歯をこする摩擦がへってしまう

歯みがきを付けた場合、ダラダラ出てしまう

そういうデメリットがあるとか。


もちろん、磨いたあとによく洗ってあれば、

次に濡らす必要はありませんでした。

知らなかった!

早速水で濡らさないで、そのまま磨いてみました。


気持ち、歯がつるつるしたような。


水があれば、歯磨き剤の発砲剤が

元気よくブクブク泡立ってしまいますね。

そういう根本的なことを誰からも習わなかったのに驚きです。


こんなことは万事あり得る気がします。


演奏の一瞬前、なにかいらないことをやっている。

そういう可能性が高いのです。


事実、私は顔に力を入れていました。マリルーのレッスン記事で書きました。

手が行く先を予測してしまいました。キャシーのレッスンでした。


わかってみれば、それを辞めてみれば、

今まで得られなかった結果が得られました。


いくら練習してもうまくいかない。

練習するほど崩れる。

そういう方は是非。

個人コースを設けました。

コースの冒頭を4回でご紹介 メルマガ無料






Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム