スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人にどう思われるか? それほど人は関心を持っていないのです

自分はなにをしたいのか?

自分にとって幸せとは?

これはいつも大きな疑問になりますよね。


思えば、30代で出産したころの私は、

プライベートは悩みの塊でした。


公園デビューしなきゃ

ママともを作らなきゃ


顔見知りのお母さんができ、

メールをしたりもしましたが、

それは子どもの月齢と住んでいる場所が近い、というだけ。

大人の友達にはなりにくいのです。


子どもを通しての関係はあくまで子ども関係。


自分らしくあり、自分のできることを発揮してのみ、

人に理解してもらえる。

そして、自分を幸せにするのは自分だけ。



そう思えるようになったのは、幼稚園も最後の年でした。


ランチ会や女子会もあります。

それでも、みんな、家に帰れば、家事なり、育児なり、教育なり、仕事なり、

やりたいことがあり、悩みがあるのです。

そういう意味ではみんなも同じなんだろうな、と。

そして、自分を幸せにする責任は自分にある、と切実に感じるのです。


なにがいいたいかというと、

人にこう思われたくない、なんて考えていたら損!

他人はあなたのことを、たいして気にしていません。

時折見たあなたを、こんな人もいるんだな、と思うだけ。


大人になると、人から認められることは激減します。

評定もつかない。

ゴールは自分で設定するしかないのです。


私の望みは、クリエイティブに過ごすこと。

内容は時によります。

でも自分で選択してなにかをやることが好きです。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。