タイトル画像

適当に書いてください スクールでの一コマ

2016.06.21(19:46) 846

私のレッスンやワークショップでは、

紙に適当に書いてみてください

ということがよくあります。

そこで多くの方は、うーん、と考え込みます。


私は、

適当でいいので
なんでもいいので、
思いついたもので、

と言います。

適当に書くのもレッスンなんですよ、とも。


レッスンには、

ちゃんと
楽譜通りに

ピアノを弾きたい。

そういう方がいらっしゃいます。

というか、100%そういう情熱を持った方々です。


そこで、適当に書くことで、

まじめに
ちゃんとやる、

ことをいったんブレイクしてもらうんです。

教室や学校では注意されるであろうことなので、
抵抗を感じられるかもしれません。

正解でなくていい。

そういうことこそ、トライする価値があります。


ちなみに、私も一緒に書くのですが、

毎回同じではありません。

やはり、その時思い浮かんだことを書いています。

適当も、上達します。


ピアノ演奏の新しい可能性に出会ってみませんか?

美しい音を探求するピアノボディスクール・個人3回コース HP
ピアノを楽に弾く体の使い方講座 無料メルマガ全4回 登録


ピアニスティックノート


<<肩甲骨も鎖骨も腕 腕を楽に動かすには | ホームへ | 地位財と非地位財 幸せって比較じゃない>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/846-00151dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)