スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音は鍵盤で出るのではなく、弦から出るのです

ピアノの鍵盤に触れて私たちは弾きますが、

音が出ているのは

弦がハンマーと接するところ。


手元から聞こえていた音が、弦のほうから聞こえてくる。

より純粋なピアノの音が聞こえてくる。


こうしたことがレッスンでよく起きます。

ピアノのアクションは、てこの原理で運動を増幅しています。


体もしかり。

体、肩、肘で起きていることが、指先では100倍になります。


邪魔をやめて必要なところを動かせたら何が起こるか?

レッスンでぜひ目撃してみませんか?

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。