目の前のことにプレゼント~present~であること

蒸し暑い日が続いていて、さすがにへばっています。

寝ていると、汗だくになるか、エアコンで冷えてきて目が覚めるかなので、
夜が憂鬱です。

先ほど午前のクラスに出席し、帰宅しました。

そこで私を待っていたタスクはこんな感じでした。

不在時の保冷ボックスに入った食材を部屋に入れる
食材の注文をネットで送る
通信コースの回答を書く
宅配ボックスから荷物を引き取る
洗濯機が止まったら干す

宅配ボックスの中身が気になり、その解決は簡単なので、取りに行きました。
食材を冷蔵庫に入れました。単純であり、夜のためになにがあるかを把握するのと、気温の問題のためです。
注文を送る。これは期限があり、内容を選択するので、先にやることにしました。
洗濯物を干す。水着は明日も使うし、しわになる前にやりたいのでここでやることにしました。
そして、通信コースの回答。これが今朝から心に残っていましたが、猶予があり、考えて書く必要があるため、最後にしました。

順番を決めるのも一つのタスクです。
決定は脳を疲れさせます。
感情より、優先順位、特質を考えました。

感情は、通信コースを早く送りたい、というものでした。
それでも、それを先に書いていては、荷物や食材、洗濯物が気になります。
ならば、いっそ最後にして、じっくり向き合うほうがいいと思ったのです。

おかげで、順番にやることに対するストレスもなく、こうしてブログを書くこともできました。

これをやりながら、もう一つをやることはできません。
それなのにもう一つにきもそぞろで、今やっていることに心がなかったら、
どっちもできていないのです。

それより、今やっていることに今は考えを向けましょう。

焦るより、自分が下した決断を信じて、丁寧に取り組むことです。

結局それがきれいに早くできる道なんですね。

0 Comments

Add your comment