スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1期生の生徒さんに聞く、レッスン後の大変化!

先日、2014年に最初のピアニスト向けワークショップを受講された方から、久しぶりにお話を聞くことができました。つまりは1期生ですね!

その方は、最近演奏活動の幅が広がっておられて、私も演奏を聞かせていただく機会がありました。

そこで、実際ピアノを聞いた人や会った人から、最近変わったと言われたことがあったか伺いました。

袖で聞いていたほかの出演者さんに、客席で聞きたかったといわれた。
音とその曲の世界観との距離がちょうどよく、かつ甘さもあったと言われた。
学生時代を知っている人から、うまくなったと言われた。
以前は消極的な演奏、小さくまとまった演奏と言われていたが、強くなったように見えると言われた。
演奏中の姿に強さを感じると言われた。

また、御本人は、コンサートを終えるたびに、自己効力感が上がって、新しいオファーに対しても、今ならできるんじゃないか?という気持ちになったそうです。

私も、複数回お会いしているのですが、そのたびに存在感が増しておられると感じました。

また、音楽仲間から、よかったよ、とコンサート後に言われることはよくあると思いますが、うまくなった、と言葉にして言われることは、大人になるとなかなかないと思います。

それでも、うまくなったね、と以前を知る人から言われるって、よっぽどのことだと思います。


ピアノも、プライベートも前向きに取り組んでいかれる彼女のこれからの飛躍にさらに期待するとともに、私自身も触発されました。


- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。