アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

先日、2014年に最初のピアニスト向けワークショップを受講された方から、久しぶりにお話を聞くことができました。つまりは1期生ですね!

その方は、最近演奏活動の幅が広がっておられて、私も演奏を聞かせていただく機会がありました。

そこで、実際ピアノを聞いた人や会った人から、最近変わったと言われたことがあったか伺いました。

袖で聞いていたほかの出演者さんに、客席で聞きたかったといわれた。
音とその曲の世界観との距離がちょうどよく、かつ甘さもあったと言われた。
学生時代を知っている人から、うまくなったと言われた。
以前は消極的な演奏、小さくまとまった演奏と言われていたが、強くなったように見えると言われた。
演奏中の姿に強さを感じると言われた。

また、御本人は、コンサートを終えるたびに、自己効力感が上がって、新しいオファーに対しても、今ならできるんじゃないか?という気持ちになったそうです。

私も、複数回お会いしているのですが、そのたびに存在感が増しておられると感じました。

また、音楽仲間から、よかったよ、とコンサート後に言われることはよくあると思いますが、うまくなった、と言葉にして言われることは、大人になるとなかなかないと思います。

それでも、うまくなったね、と以前を知る人から言われるって、よっぽどのことだと思います。


ピアノも、プライベートも前向きに取り組んでいかれる彼女のこれからの飛躍にさらに期待するとともに、私自身も触発されました。



  1. ピアノ・音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -