アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン

ピアニスティックノート

満点の星空を見たことがあります。
いつも見ている方からは笑われるかもしれません。

覚えているのは臨海学校でした。
星が数え切れないほどあって、圧倒されました。


星座の図を見ると、たくさんの星にも名前があることがわかります。 星座
いくつかづつで星座としてグループ化されていますね。

オリオン座とか。
北斗七星とか。
夏の大三角とか。
昴とか。

名前もロマンです。

オリオン座は、三つのベルトの星と、輪郭の☆などを組み合わせて覚えます。
北斗七星はひしゃくの形。

最初は、こんなのわかるか!と思っても、
少しづつわかる星座ができると、やがてたくさんの星を区別できるようになります。

これが何座、あの星はベテルギウス、デネブ、などと、わかるようになるわけです。


ピアノの楽譜も、ある意味星座と同じです。
最初は、真っ黒な音符の山に圧倒されます。

それでも、ぱっと弾けるフレーズは存在します。
今まで身に着けた形を応用すればいいのです。

新しいフレーズをまた弾けるようになれば、
新しい星座を覚えたことになります。

ピアノを弾くあるパターンをスキーマと呼ぶことにします。

わかりやすく言うと、テクニック、ですね。

ピアノを弾くために覚えたスキーマを増やすと、
それだけすぐ見分けて弾けるものが増え、
譜読みや仕上げが早くなります。

大曲を全楽章弾ける人は、スキーマをたくさんもっているのです。

だから、一つ一つの音を弾くということはありません。
音が多くてもさほど大変ではないのです。
星座をたくさん知っているのですから。



  1. ピアノ・音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -