FC2ブログ

記事一覧

ピアノの不思議 交差弦と平行弦

グランドピアノの弦をよーく見たことはありますか?

弦が部分的に交差して張ってあることがあると思います。


その交差の仕方が、ピアノによっても違うことをご存知ですか?


大きなグランドピアノでは、一番低音域の弦(複数の音)が、右に重なるように張ってあることがあります。
交差弦

私のピアノは、ヘ音記号ぐらいのオクターブ分くらいから、一部が交差していました。


チェンバロも、すべて平行と交差があります。

平行なら、音域の弾き分けがやりやすいそうです。


ピアノの弦を交差させたのはスタインウェイ社だそうです。

低音の弦を長くすることができ、張りのバランスもとれて、

より強く弦を張ることができました。

それにより、よりブリリアントな響きが可能となったのです。


交差する、ということは、響きが多少なりとも干渉しあうことになります。


調律が不備なら濁りになりもするし、

その干渉がピアノ独特の音の豊かさ、さらにはカオスさ、にもつながります。


大きなグランドの低音交差弦は、豊かであり、濁りを作らない、というわけですね。

道理で音がいいんだ!


たまには弾くピアノの弦を見てみてください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: