タイトル画像

鍵盤の奥も使えます。

2016.10.27(06:40) 872

ピアノを弾く手の動きの可能性って莫大なんです。


指の位置は固定で白鍵は手前で、黒鍵は少し奥で弾く、
と決めなくていいんです。

白の手前半分だけで弾くなら、あんなに鍵盤に奥行きがあるわけありません。

ミとファの間、
シとドの間なんかは、黒鍵がなくて、白鍵が奥までフリー地帯。


手前で弾けば、(タッチするところが力点で)てこの原理が使えるし、
奥で弾けばややマイルドなタッチになります。


無理に指をこねこねしなくても、奥を使ってもいいとなれば、
自然なスライド(前後)も可能です。

ショパン、バラード2番の序奏部分など、シンプルな和音のシークエンスは、
手前と奥を切り替えて弾けるようになっています。

鍵盤

目に見える鍵盤はこんな感じ。


でも、ハンマーまで長く続いています。

奥で弾いてもてこは働いていますから大丈夫。


国際大会の演奏動画などを見てください。
指が蓋すれすれの奥まで届いていることがありませんか?

手全体を鍵盤上に置いているイメージですね。

手の小さい私たちがしない手はありません。

ピアニスティックノート


<<それが自分の器なのです | ホームへ | 反対する人を説得するより実行 母の書道会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/872-14560939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)